面接の種類

面接に合格するには、どんな面接が来ても対応できる準備が必要

面接の種類

絶対に就職活動で経験しなければならないものが面接ではないでしょうか。面接なしには、書類審査やペーパーテストがない会社でも、採用はされることはありません。いくつかの方法が面接にはあるようです。面接の形式が当日までわからないこともありますが、あらかじめ伝えられていることもあるといいます。最も主流となる方法が個人面接ですが、違う対策がそれぞれに必要となるでしょう。

 

 

会社側は1人〜複数人数で、就職希望者1人に対し行います。自己アピールや質疑応答を、じかにコミュニケーションをはかりながらする形が個人面接です。緊張しすぎないこと、会話を楽しむ気構えなども、比較的リラックスできる形式ですから大切になってきます。会社側も就職希望者も複数人数で、集団面接の場合は行います。必然的に一人一人への質問時間が短くなるのは、人数が多いためです。一次面接や二次面接で行うことが多い形式で、すぐに就職が決まるのではないようです。応募者同士の比較がしやすいという利点が会社側にとってはあります。グループディスカッションは、最近多くなっている面接形式だそうです。議論を特定のテーマに関して、5人〜10人の応募者で行う形式となっています。論理的思考力や全体との協調性がはかられますので、自分の意見を言えばいいというものではありません。自己アピールの場であることを心に留めて、いずれの面接形式でも就職目指して取り組むことが大切です。


面接で合格する方法 面接の種類 面接の準備 面接の心構え